人気ブログランキング |

洋梨

洋梨_e0407734_21582263.jpeg
洋梨がキッチンに座る時期がやってきた!!
フォトジェニックな色形を オブジェのように愛でる季節

“外地”で暮らした経験を持つ祖母は 私が幼い頃 『洋梨は美味しいよー』と教えてくれた
初めて実物を食べさせてくれた時 祖母と私だけがニコニコと食べていた洋梨
母や叔母たちは 『なんか 化粧品みたいな味がする〜』と口々に言った

洋梨の味と食感は 即座に私を魅了した!

家庭を持ってからも 私以外は誰も 洋梨を好まない
それでも 私は飽きることなく “年に一度の洋梨祭り”を続ける

洋梨_e0407734_09443510.jpeg
洋梨には たくさんの種類がある (ネットから拝借した写真)
今年は ゴロリと大きなひとつを買った
(らふらんす なのかどうか 分からない)

果物カゴに入れて追熟を待つには嵩高い大物
素晴らしきその存在感を眺めては 微笑んでいる

一個だけ リビングの飾り物のようにバスケットに鎮座している

この年季が入った盛り籠(?)は 初めて訪ねたイギリスの町 エクセター(Exeter) のHABITAT で求めたもの
初めてのイギリスへの旅でロンドンに住む友人夫妻を訪ねた
(ご主人は去年のラグビー観戦に来日し 再会した)
その後 LA郊外の家のキッチンでも フルーツ盛り籠として使っていた
(正面奥の電子レンジの上にあった)
洋梨_e0407734_23052222.jpeg
イギリス人夫妻のロンドンの家を訪ねたのは1994年の夏
洋梨_e0407734_13483443.jpeg
当時 インテリア業界に興味を持っていた私は長年憧れていたCONRAN SHOP TOKYO オープンを楽しみにしていた
東京店を見る前に 先ずはロンドン フルハムロードの本店を訪ねた
圧倒的な魅力に溢れる店内の隅々までディスプレイを楽しんだ

帰国後 真っ先に訪ねた東京店では 『同じ商品を使って こんなに違う.....!!!!!』
正直 ひどく落胆したのを覚えている 今はかなりマシになったけれど
インテリアのディスプレイは 商品の陳列ではなく 暮らしを感じられる上級のアイディアの提案であって欲しい
フルハムロード店は 様々な年代の素敵な店員さん達が多く まるで彼らの家を訪ねるようなディスプレイを楽しませてくれた

HABITAT は その後も我が家の暮らしを彩ってくれた
HABITAT(ハビタ)はCONRAN SHOP の創始者であるコンラン卿が最初に手掛けた店
記憶が正しければ 一時期池袋のSEIBUにもあった
(コンラン卿は 惜しくも今年9月に亡くなった)

追熟を待つ時間が長いのも 楽しみのうち
洋梨_e0407734_21585014.jpeg

ひとつの洋梨を眺めながら あれこれ想いを巡らせている

# by ryuboku2 | 2020-11-29 11:57 | 美味しいもの | Comments(5)

花束から ひとひらの花びらまで

花束から ひとひらの花びらまで  _e0407734_15441360.jpeg
海の向こうから (手配して)届けてくれた花々

肌寒い部屋が幸いし ずーっと咲き続けてくれた

届いたのは11月8日
花束から ひとひらの花びらまで  _e0407734_15443130.jpeg

アレンジし直した25日
花束から ひとひらの花びらまで  _e0407734_15444517.jpeg
ほぼ3週間経ち まだまだ 楽しませてくれている

花々の優しい色合いに 癒されている


我が家の小さな薔薇たちも 家のあちこちを明るく照らしてくれる
花束から ひとひらの花びらまで  _e0407734_01373674.jpeg


最後のひとひらさえ 美しく 愛おしい
花束から ひとひらの花びらまで  _e0407734_01375446.jpeg

咲いてくれて ありがとう

そして 花に託された温かい心にも ありがとう



大切な人たちに直に会い 言葉や表情で伝えることができない思いが 溜まり続けたまま 日々が過ぎていく

心の積み荷が増え過ぎて 満載喫水線を越えないように 工夫をしなければ.......




タグ:
# by ryuboku2 | 2020-11-27 01:42 | 美しい物 | Comments(6)

砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー

砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18111080.jpeg

砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18112915.jpeg
週末 作っておいた砂肝のコンフィ
(砂肝に塩と薄切りニンニクをまぶし ひたひたのオイルでゆっくり煮る だけ)
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18114726.jpeg

それを食べるのは私だけなので なかなか食卓に出す機会が無かったけれど 今夜ようやく!

『今夜は晩御飯 別々にしよう!』
娘は そう言いおいて 夕方遅い歯科医の予約に出かけた

今夜は一人で好き勝手に楽しむことにしよう

数日前 KALDIで購入した白カビのサラミ
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18132515.jpeg
同じ日に “おつまみセット” も見つけた
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18144434.jpeg
今夜は左上のグリーンオリーブとチーズとスライスサラミを開けた

デザート代わりに 少しだけ フルーツも
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_18330297.jpeg

“まほろば日記さん” の記事を拝見して以来 作りたかったひと皿も添えた
マスカットとミニサイズのモッツァレラチーズに ハーブを振り オリーブオイルを垂らす

朝ごはんで残したクランペット少々も無駄なく添える
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_19052740.jpeg

先週 遠出(?)の仕事の帰りに久しぶりに買った発泡酒(一応 名前はサングリア)
一本を2人で 2回でも飲み終われず 泡は完全に抜けた“赤い液体”を注いでみた

ひと口ふた口....で 既に酔いがまわりすぎ!

在宅暮らしが始まり 暮らし全体の規模と“勢い”まで 小規模に自粛してしまった感 アリ

通勤を伴う仕事生活が復活するまでは
無理に上げようとせず このまま 静かに暮らしていよう と 思った夜

自分を取り巻く環境が激変していることに心が奪われ 我が身をしっかり見つめていなかった気がする

「食事を楽しむ為に グラスI杯の赤ワイン あるいはジントニックがあっても良い」 (もちろん無くても良い)
そんな自分を信じて疑わなかったけれど
変わったのは 世の中だけでは無かった

ふーん....... そう言うことなんだ........

あともう少し 一人で静かに自分を見つめていよう
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_19245333.jpeg
オーボエ協奏曲で 舞台上でご一緒する機会を得た宮本文昭さんのオーボエを聴いて 🎵

アマチュアオーケストラとの共演にも 真摯な演奏と愉快な会話でリードしてくださった宮本さん 

1999年のステージを振り返りつつ 2021年を思い始める
砂肝のコンフィ と ワンプレートディナー_e0407734_19282681.jpeg


# by ryuboku2 | 2020-11-25 19:45 | 美味しいもの | Comments(4)

銀ブラ

銀ブラ_e0407734_22272055.jpeg

銀ブラ_e0407734_22274320.jpeg
やっぱり .......
銀座は 綺麗!!
ショーウィンドウのディスプレイを眺めるだけで ウキウキする
銀ブラ_e0407734_00184636.jpeg
花屋さんの彩りも華やかで 眺めるだけで嬉しくなる
銀ブラ_e0407734_22290800.jpeg
入ってみたくなったカフェ
銀ブラ_e0407734_12093715.jpeg
一度だけ行った 銀座シックス 入り口のディスプレイ

映画の感動と 生まれて初めて制作者と話せた興奮で 舞い上がった心を鎮めようと
久しぶりの銀座通りをズンズン歩いて行った

たった一軒だけ店内に入ったのは
銀ブラ_e0407734_22484427.jpeg
この ZARA だけ ね
去年買ったお気に入りのボウタイブラウス
同じようなデザインがないか 覗いてみた

店内を歩きながら さっき聞いたばかりの言葉が浮かぶ
銀ブラ_e0407734_15344388.jpeg
銀ブラ_e0407734_15350426.jpeg
銀ブラ_e0407734_15351620.jpeg
そして内なる声が聞こえた 
『今年は 収入も着て行く頻度も 激減じゃない?』と『そうだよね』と 納得し 
サラッと店を出た ザラだけに....ふふふ (^^)

銀ブラ_e0407734_22263841.jpeg
それにしても 銀座通りの歩行者天国では 結構な人出に 驚く (自分もその一人なんだけど ね)
銀ブラ_e0407734_00272783.jpeg
マスク着用率は高いものの........長居は無用

表通りから一筋裏のすずらん通りを歩く
銀ブラ_e0407734_22320760.jpeg
空中で繋がったビル 右側には今も混み合うUNIQLO
左のビルの7階 ⬇︎ には ローズベーカリー
いつぞやの ローズベーカリーの野菜プレートを食べてみたくなった
(が 勿論素通り)
銀ブラ_e0407734_22323694.jpeg

ピエール•マルコリーニのソフトクリームがある!!
長い列を見て 即座に諦める
銀ブラ_e0407734_22310065.jpeg
あー 懐かしの 江戸前寿司の名店 からく
銀ブラ_e0407734_22380469.jpeg

惹かれる店が多いすずらん通りを歩き 再び 交差点を見遣り 左へ曲がった
(時計が象徴的な銀座和光の裏通りにシネスイッチ銀座がある)
銀ブラ_e0407734_22384759.jpeg
数寄屋橋交差点に向かって歩くと ビルが消えたままのSONYビル
銀ブラ_e0407734_22402372.jpeg
SONYビルは まだ建築が開始されてはいなかった
2020年の 10月から新たなSONYビル建設開始予定 と聞いていたけれど この状況では延期?
銀ブラ_e0407734_22413861.jpeg
チラリと催し物のサインを眺め 数寄屋橋交差点へ向かう
銀ブラ_e0407734_22432540.jpeg
このまま真っ直ぐ進み ミッドタウン日比谷まで行って 鈴懸の和菓子を買おうかな?
いや やめよう 地下鉄の駅への階段を降りる

今日は 既に幸運に出会い済み だった!!
銀ブラ_e0407734_22533461.jpeg
和光のマロンパイ  
存在さえ知らなかったのに 日に2回の焼き立ての時間に通りかかっただけで 大満足
(シネスイッチ銀座の隣りで焼き上がりのサインが目に止まった)

銀ブラ_e0407734_22535932.jpeg

銀ブラ_e0407734_22541786.jpeg
賞味期限当日のみ! 
2個 大切に抱え 家路を急ぎ 銀ブラ終了

アタシには 銀座は ブラブラするくらいがちょうど良い


※ 『銀ブラ』の意味に関しては諸説あるらしいが 私には あくまでも 『銀座をぶらぶら歩くこと』




# by ryuboku2 | 2020-11-24 00:22 | 日々の暮らし | Comments(6)

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_12212643.jpeg
密度の濃い週末を過ごし なかなか考えがまとまらずにいた

木曜日の夜 仕事から帰宅した後 解放された気分で 一枚のチラシを取り上げた
映画通の娘が 持ち帰ってくれていた白黒コピー
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_12284116.jpeg
『そう言えば 上映始まってる頃だよネ』
『あ!“地元の映画館” でやってる!! 』 
上映時間に合わせて 飛び出した金曜日の朝

清家美月さんのブログ記事にも背中を押された
映画館で映画を観るのは年に1回か2回
(他は10時間以上のフライト中の暇潰しで観るだけ)

当該の映画館では 既にパンフレットは売り切れ
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_15143374.jpeg
掲示物 ⬆︎ を撮って帰宅した夜 話が止まらない止まらない!!
そんな私に 娘は録画を遡り なんと2016年の『Mr.サンデー』を見つけてくれた
来日当時の報道を再び観ながら 演説を繰り返し聞く

やはりパンフレットでプロダクションノートを読みたい.....引き続き上映される映画館情報を検索し 見つけた!
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_16300926.jpeg
パンフレットが買えるかも知れない
そんな望みを抱いて出かけた先は シネスイッチ銀座
ビスコンティ作品やニューシネマパラダイスやライフ イズ ビューティフルに出会えた懐かしい場所だった

同じ映画を 2日連続しかも映画館で観るのは人生初!
(アポロ11号の時は 日を置いた と差別化)

もちろん 真っ先にパンフレットを求め 感染予防対策万全の館内へ

.............そして 何と嬉しく幸運なことに 上映後 監督とプロデューサーに直接お会いできた!!!

『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_16303556.jpeg
向かって
左:プロデューサー 濱 潤 氏
右:監督 田部井一真 氏

興奮し過ぎじゃない? と我ながら半ば呆れながら 2日連続の映画鑑賞は 思いもよらぬ幸運に繋がった

私が 是非この映画を観に行こう と木曜日の夜思ったのは 大統領来日後 人気を博した絵本が大統領夫妻が離日後すぐネットで売られる 等の現象を見て『ムヒカ元大統領が消費されている』と監督が嘆いたと知ったから
その監督が 以後 どのような過程を経て この映画制作へと向かったのか を観たかった

何故なら 私は『ムヒカ元大統領』を消費してはいなかったし 
2016年以来 ずーっとベッドサイドに置き 繰り返し読んできたから
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_15483429.jpeg

田部井監督はフジTVの社員でもあることから 局宛に 私個人の感想を記し 手紙(所謂ファンレター?)を郵送するつもりでいた

まさか 手渡しでき 感想を直接お話しできるとは ネ!!

しかも その夜 娘が見つけてくれた情報
『手紙貰って嬉しかった ってツイッターに書いてくださってるヨ!!』
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_15540796.jpeg
本当に 読んで頂けたんだねー!!
(前の日に観た映画を翌日また観る人なんて いないだろうからネ)

録画を観たムヒカ元大統領の演説をコマ撮りで写し 全文自分でタイプしてみた
彼の一言一句を噛み締める為に
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_16093839.jpeg
(⬆︎ こんな風に撮り タイピングした後 写真は消す) 我ながら マニアックだわ
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_15570860.jpeg

ムヒカ元大統領の伴侶であるルシアさんにもっと惹かれた
『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』_e0407734_16121520.jpeg

===現在 公開中の映画なので 内容のネタバレは しばらく控え 後日 また 必ず!....DVDが発売された頃に ===

公式サイト ( ⬅︎上映中の映画に関する情報はこちらから)

# by ryuboku2 | 2020-11-22 16:17 | 大好きなもの こと | Comments(10)

出過ぎた杭は打たれもせず いつしか流木に


by mother-of-pearl
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る