人気ブログランキング | 話題のタグを見る

再会と送別の昼下がり

再会と送別の昼下がり_e0407734_18531670.jpeg

再会と送別の昼下がり_e0407734_18533870.jpeg
美しいアールデコのデザインを眺めるだけでも ウキウキする場所
予約無しでも店内に入れる と言われ 買い物目的ではなく 入店し 感慨深く店内を歩いた  
ディズニーリゾート BonVoyage.

2020/03/03
休園が決まったあの日から ずーっとずーっと遠ざかっていた “夢の国”
青空の日で 良かった!
再会と送別の昼下がり_e0407734_18541440.jpeg
再会と送別の昼下がり_e0407734_18544216.jpeg
丸1年ぶりに降りた駅前に 少しだけ賑わいが戻っていることを感じ 嬉しくなった
再会と送別の昼下がり_e0407734_21361963.jpeg

丸1年ぶりに 訪ねた 青空が似合う場所
再会と送別の昼下がり_e0407734_21365161.jpeg
約束の場所へは更にシャトルバスを待つ

仕事で通っていた頃のように 約束の時間の1時間半前には家を出た

往復に3時間は必要だった仕事暮らしの年月が なんだか遠い昔のことに思える
僅かなリモートレッスンで生き延びてきた日々
ちょっと肉体的精神的に楽をし過ぎたかもしれない


再会と送別の昼下がり_e0407734_21025717.jpeg
近隣の新しいホテルはほぼ完成し 開業準備中
カラフルな外観からも 楽しさが伝わってきた


久しぶりー!久しぶりー!! お元気でしたか?
見慣れた顔に挨拶を繰り返し 歩いた
再会と送別の昼下がり_e0407734_18552981.jpeg

再会と送別の昼下がり_e0407734_18554862.jpeg

あの日買い求めた本を それぞれに手渡す日

再会と送別の昼下がり_e0407734_21050732.jpeg
長年 仕事で通い慣れた場所ながら ゲストとして初めて通るドアは ドキドキ………

再会と送別の昼下がり_e0407734_21062913.jpeg
間も無く新任地に出発する2人と共に 乾杯!
(ぶどうとザクロの果汁入りノンアルコール・カクテル)
再会と送別の昼下がり_e0407734_21082278.jpeg
再会と送別の昼下がり_e0407734_21084152.jpeg
再会と送別の昼下がり_e0407734_21085538.jpeg
再会と送別の昼下がり_e0407734_21091057.jpeg
更に 小籠包 海老団子の汁そば も堪能
サーヴをしてくださる方のお勧めの“杏仁豆腐” 絶品!
再会と送別の昼下がり_e0407734_21103470.jpeg
(写真を撮る瞬間さえ惜しんで話し続けた為 美味しいお料理はメニューのコピーで)
再会と送別の昼下がり_e0407734_21492934.jpeg


食事をするのが目的ではなく とにかく 2人に会いたかった
それぞれ 新たな段階に向かって学習意欲が上がったタイミングで ビジネスが凍りつき 突然クラスが全てキャンセルになった2人

必ず別れが来る この仕事を続け 一時的な別れは 更なるお付き合いに繋がると信じてきた

ただ コロナ禍で強制終了のような中断のまま 送り出すのは 辛い

『何と 励まそうかなーー』と 初めて 前の晩は眠れなかった

ところが 久しぶりにお会いした2人は 困難な状況の中で 無為に過ごすことなく 新たな力を培い 新しい土地への期待に輝いていた!

きっときっと また会える し 会いに行く!
そう確信して 初めての記念写真を撮る
再会と送別の昼下がり_e0407734_22011486.jpeg


アレ?!? 大柄な自分が小さく見える!
“座高では負けてない” ので 現実はいつも こうなる
(アチラの方々は座高より遥かに足が長く 対する私は座高が高く態度もデカイ のでネ)

まだまだ ご縁は切らずに ポストコロナの世界の情報を交換し合っていこう!!
そんな明るくポジティブな気分で 手を振れた




再会と送別の昼下がり_e0407734_22063483.jpeg
ひさーーーしぶり 過ぎて 時間を忘れて話し込んでしまった
再会と送別の昼下がり_e0407734_22074081.jpeg


また 重いバッグを下げて 戻る日を諦めずにいよう!

# by ryuboku2 | 2021-12-04 22:22 | 仕事あれこれ | Trackback

12月の日めくりカレンダー箱

12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_23292205.jpeg


今年は 超がつく程 実用的な『12月の日めくりカレンダー』
(素直じゃないネ つまりはアドベントカレンダー)

1 の窓を開けた 12月1日
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_23320544.jpeg

台所の洗い物にお湯を使う季節になり 最適の品が登場した第一日目!
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_23330266.jpeg
ヴァーベナ アイス ハンドクリーム 10 ml
かなり昔 友人に贈られて知ったレモンヴァーベナの香り
ロサンゼルスの家の裏庭のレモンヴァーベナの香り
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_00295472.jpeg
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_00300776.jpeg
懐かしく優しい香りのハンドクリームで 夕食後の手指を労わる

『娘にプレゼントしたくて……』と誰に言い訳するともなく
早くから予約注文し 今年は逃さず手に入れた



カレンダーのお隣りで 『…..とか言って 自分が欲しかったんじゃないのー?!』と 3人から見透かされている
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_23345064.jpeg

特に このブランドの化粧品などを使っている訳では無い ……のだ…… けれど…….


なんだか ね
自分も “サンタを信じた子供のように” ワクワクする何かが 欲しかったんだわー

ヒラメが砂底に埋もれるような
イソギンチャクが ギューッと身を縮めたままのような
ヤドカリが新しいヤド探しもせずに 目玉だけ動かしているような
芽を出したコルチカムが 水平にだけ芽を伸ばしたような


そんな閉塞感を 打ち破りたかった のよ ねー


明日からも交代で 日めくり窓を開けては
キャーキャー ワイワイ 喜び続けてみるつもり

どなた様かのお誕生日の日まで!!!

そうそう 今日2日は これが加わった
12月の日めくりカレンダー箱_e0407734_23535110.jpeg
ヴァーベナ ボディローション 30ml

(ボディローション ホテルのアメニティでもいつも使いきれないなー ブツブツ…….. )  


# by ryuboku2 | 2021-12-02 23:28 | 好きなもの/こと | Trackback

12月1日 雨上がる

12月1日   雨上がる_e0407734_11002922.jpeg
12月
カレンダー最後の一枚が現れた

11月最後の1日 
雨の一日は室内で過ごし 少しばかりのクリスマスグッズを取り出しておいた

年季の入ったIKEAのリースを掛け 12月が始まった


12月1日   雨上がる_e0407734_11050616.jpeg
自室のドアにも 季節感を加える 
早い時期に求めたシンプルなリースもIKEA製
12月1日   雨上がる_e0407734_11060526.jpeg
真夏のアリゾナ・フェニックスで 一夜を無為に過ごした出来事を思い出し 苦笑
帰国後 すぐに会える予定だった友にも 一つ買って ハプニングの顛末を分け合った


数少ないながら在宅ワークで 今年も終わってしまう

『まさか こんなに長く続くとは !』  
本音では 暮らしの基盤が不安になりながら せめて身の回りは楽しく飾ろう!

寒さの中に咲く真紅の花が 無言で励ましてくれる
12月1日   雨上がる_e0407734_11105135.jpeg

# by ryuboku2 | 2021-12-01 11:33 | 日々の暮らし | Trackback

丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ

丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22072572.jpeg
見上げる木々が背筋を伸ばし 更なる高みを目指しているように見える場所
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22104429.jpeg
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22110622.jpeg
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22123453.jpeg

『陸の孤島』と揶揄される場所で生まれ育ち
人生3回分くらい『田舎暮らし』も体験し尽くした

そんな私の眼には 東京には手入れの行き届いた緑が多い場所だ と写った
大名屋敷跡地の庭園が多いことにも驚いたものだった

高層ビルの谷間に植えられた樹々が 根を張り 高みを目指して伸びる姿に いつも 心を寄せる

『伸びても 伸びても まだ届かないんだよなー』
そう言っているように思えることもある
『充分 伸びてるヨ』 と 伝える

私も 成長しなきゃ ね!
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22113429.jpeg
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22271174.jpeg
久しぶりのジョエル・ロブションのカフェ

このご時世でも カフェ席を待つ人の長い列
幸い(?) 先を急ぐ私は 明日の朝ごパンを!
(許可を得てパンの写真を撮影)
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22293832.jpeg
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22295619.jpeg
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22471252.jpeg
数年ぶりの ロブションのパン! 店内で選ぶ時間も楽しい  
今回はクロワッサンではなくブリオッシュ
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22482393.jpeg
マロングラッセ入りで とても美味しかった〜^_^


初めて出会った “小粒のパン” (シャティーヌ) には ラム酒漬けの栗が丸ごとひと粒!
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_22494398.jpeg
(一人ひと粒 もちろん)
丸の内仲通り ロブションのブリオッシュ_e0407734_23041955.jpeg




意識的に用件を集中させ 1週間に3度も都内に出た
(何年も 週5で 仕事で出ていたペースに近づけたいが故に)


行けば 必ず 文字通り 100% 何かに出会える場所
再び 心躍り 気力も満ちてきたのは確か



ただ 『お金も出て行くなー』
それが 正直な感想


いやはや 東京は やはり 魔都 では ある

# by ryuboku2 | 2021-11-30 22:35 | 日々の暮らし | Trackback

ドアを開けよう

ドアを開けよう_e0407734_19560314.jpeg

美しいドアに 呼び止められた


人の気配のしない そのドアの前に立ち止まる
ドアを開けよう_e0407734_19565855.jpeg
足元では 思わず拾い上げたくなる宝物の数々が見上げていた
『どの森から来たの?』 聞けば良かったな



ドアを開けよう_e0407734_19580847.jpeg
“ OPEN ”

そう呟やく声が聞こえた気がした


遠い欧州の街で出会った美しいドアの数々が 心に浮かぶ





ドアを開けよう_e0407734_20000978.jpeg

魅惑のドアを開け 新たな世界に踏み込む予感を振り払い  
寒風が吹き始めた街へと紛れ込んだ



ドアを開けよう_e0407734_20043910.jpeg
限り無く美しい花々に会えそうな場所
きっとまた このドアの前に立つ
・・・・そんな気がし始めている

新しいものには もう手を出さない
•••••頑なにそう思っていた心が 少し 揺らぎ始めている


ドアを開けよう

閉まっていたドアだからこそ そう思わせてくれたのかも知れない



(青山の銀杏並木の すぐ近く)

# by ryuboku2 | 2021-11-29 20:20 | 美しい物 | Trackback

出過ぎた杭は打たれもせず いつしか流木に


by mother-of-pearl
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る